給湯器の水漏れ原因はパッキンの劣化

給湯器で発生してしまう水漏れの多くの原因は、パッキンが劣化したことによるものです。ある意味で消耗品の部分となるため、定期的に交換をすることが求められます。水回りの修理を扱う業者も、すぐに対応ができるようにと、このパッキンは常に在庫に用意してあるほど、スタンダードなトラブルとなっています。

■ゴムが硬くなりヒビ割れしてしまう

劣化による水漏れは、原材料となるゴムに弾力性が全くなくなり、固くなってしまうことから始まります。弾力性がなくなると、気温の変化などで徐々にひび割れが発生してしまいます。そのひび割れした部分から水が漏れてしまう状況です。永久に弾力性を保つことができる商品が開発されれば話は別ですが、ゴムの性質上、劣化は避けることができません。したがって、長年使用をすれば必ず起きるトラブルだと理解しておくようにしましょう。

■パッキンの交換となるため作業は簡単

昨今、自分自身で様々な作業を行うDIYが流行っています。パッキン交換の修理に関しても同様で、自分でDIYとして交換作業をしようと考える人は多いです。実際、修理も可能で簡単に行うことができます。しかし、業者に依頼をした方がすぐに修理が完了することも頭に入れておきたいところです。面倒な作業を全て業者が行ってくれますし、何よりも確実に修理をしてくれます。もしすぐに水漏れが発生してしまえば、ケースによっては無償で交換してくれることもあります。このような点も考慮して簡単な作業を自分で行うのか、業者に依頼をするのかを決めれば問題ありません。

■まとめ
給湯器の故障で多いのが、管の接合部などに設置されるゴムパッキンの劣化による水漏れです。交換は自力で簡単に行うことができるものの、業者に依頼すると確実に素早く対応をしてくれます。DIYをするのか業者へ依頼をするのか、よく考えてから行動に移すようにしましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ