給湯器の水漏れ修理のついでに移動はできるのか?

持ち家を考える人の場合、注文住宅だったり、建売のものだったり、様々なルートで夢のマイホームを手に入れます。そんな中、給湯器の位置をしっかりと考えている人はあまりいないでしょう。ものすごく深く考えるというよりも、設置できる場所に設置したり、建築士の提案に深く考えず了承したりしていることが多いです。水漏れトラブルが発生すると、移設が必要となることもあります。

■移設することは可能だけれども業者へ依頼することが基本

結論から言えば、給湯器の移設をすることは可能です。基本的に移設をすることは少ないですが、もし移設をしたい場合は、必ず業者に依頼をするようにしてください。なぜなら、大掛かりな作業になるからです。配管を置く場所を変えたり、引き込んでくる上水道の位置を変えたりすることが必要となる可能性もあります。手軽にできる作業ではないことを理解しておくようにしましょう。


■大きな工事になることもある

少し給湯器を移動する程度であれば、そこまで大きな工事になることはありません。配管を少し延ばすだけで対応ができるからです。しかし、全く別の場所に持っていく場合は、配管から考えなければならないなど、大きなリスクを伴います。正確な作業をするためには、大掛かりな作業をして確実に移動することが必要になります。新しく設置する場所にもよりますが、どの程度の規模の工事になるのかをしっかりと事前に業者へ確認しておくことが必要です。最悪の場合、地面を掘り起こして対応をしなければならないこともあります。

■まとめ
給湯器の水漏れを修理するついでに給湯器の移設を考えた場合、業者に依頼することが基本となります。それだけ大掛かりな工事になる可能性があるからです。地面を掘り起こして対処するケースもあるため、しっかりと業者と相談することが大切です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ