給湯器の水漏れを放置すると危険

給湯器を長年使用することで、どうしても発生してしまう水漏れですが、最初のうちは滲み出るような水漏れが多いです。したがって、発見が遅れてしまいがちです。大きなトラブルへ発展してしまう前に、定期的に給湯器をチェックをするようにしましょう。もし水漏れが発生した場合、どの程度の緊急度なのかが気になりやすいものですが、判断に悩んだときは業者へ相談すると安心です。

■水漏れをしている状態は正常に動作していない

そもそも、給湯器から水漏れが発生しているということは、正常に動作していない状態です。この状態が意味することは、放置しておけば徐々にそのトラブルが大きくなってしまう可能性があるということです。異常動作があるにも関わらず、続けて利用してしまえば被害は拡大します。そのため、水漏れが発生した場合は漏れてしまう量に関わらず、可能な限り早く対応をすることが大切になってきます。業者に依頼をすればすぐに対応をしてくれるため、上手に利用をすることを強くおすすめします。

■内部でガスが不完全燃焼を起こす可能性がある

水漏れを放置することで怖いトラブルがガスの不完全燃焼です。不完全燃焼をしないように様々な安全装置のようなものが給湯器には装備されています。しかし、水漏れのせいでこれらが上手く動作しない可能性が大きくなります。不完全燃焼が起きれば、重大な事故に繋がる可能性も出てきます。だからこそ、可能な限り早く修理をすることが大切です。


■まとめ
給湯器の水漏れがひどくなくても、すぐに修理をすることが重要です。そもそも水漏れしてしまう状態は、給湯器自体が正常に動作していないことを意味します。そして、正常に動作していない状況だと、内部にガスの不完全燃焼などの重大な事故に繋がる可能性を秘めることになります。よって、すぐに修理をすることが大切になります。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ